当院での検査について

  • Home
  • 当院の矯正治療について

矯正歯科石井クリニックではこんな検査をします。


 
個々の歯の写真を撮ります
根の太さ長さを評価します。また、根の周りの骨量や根の先に病巣がないかなど歯周組織を1本づつを確認します。さらに、歯と歯の間の虫歯等の確認をします。
 
パノラマX線写真
歯槽骨レベル、歯根の排列、顎関節、 上下顎骨内の病変などを確認します。
 
正面のレントゲンを撮ります
上下のアゴの横ズレを確認します。
また、正面から見た歯列、歯の傾きを評価します。
横顔のレントゲンを撮ります
横から見た上下のアゴのズレを評価します。また、歯やアゴとそれによって裏打ちされた唇(くちびる)とでバランスがとれているか評価します。さらに、アゴの成長方向を予測したり、治療のゴールを予測したりします。
CT検査
アゴの変形が大きい人は顎顔面形態を3次元的に把握したり、埋伏歯があるような人は歯の位置を3次元的確認します。
また歯槽骨内における歯根の位置関係を3次元的に確認し、矯正後のにおける歯根の位置づけを予測するのに役立てている。
顔面・口腔内規格写真
顔面写真では、顔面の左右対称性、顔面に対する口元の状態、口を閉じた時のその周りの筋肉の状態、スマイル等を評価します。また、口腔内写真では咬み合わせ、歯肉の状態、歯の色等を確認します。
歯型から模型をつくります
上下のアゴのズレを確認します。また、裏側からのズレも確認できるため、より正確な治療が可能になります。
予測模型をつくります
(上下の歯のサイズが合わないような人や、手術が必要な顎変形症の患者様)予測模型を作成し、より精密なシュミレーションを行います。また手術の際のアゴの移動量を決めます。
 
 院長からのひとこと
 矯正科医が言うのも何ですが、矯正治療により治った歯並び、口元は非常に美しいです。がたがたした歯並び、またそれにより審美性が低下した口元が矯正治療により治ってゆく過程は、彫刻や絵画などの芸術作品を作り上げてゆく過程に似ています。
 事実、個々の患者さんは千差万別で、そのゴールも様々です。治療を行っている際は常に一つ一つの芸術作品を作るような意気込みで患者様に接しています。ですからどこに出しても恥ずかしくないよう、高い基準(治療期間も含め)をもうけ、それをクリアするよう日々最大限の努力をしています。
 このような姿勢で患者様に接しているため、装置をはずしたときは、患者様の喜びもひとしおかと思いますが、我々術者の達成感、満足感は非常に高いものがあります。これは、矯正科医をやっていて幸せだなと思える瞬間でもあります。
 検査はこれらの治療の質を評価するには必須で、しかも、しっかりした評価を行うには、その検査の精度も高くなければありません。当院では、このような考えから常に高度な検査を心がけています。